予約

カッパドキア

6千年前、エルジエスとハサンダウとその間にあるギョルリュダウがこの地域にラヴァを噴出したことにより火山灰が柔らかい凝灰岩層を形成したのです。凝灰岩層の上にところどころは固い玄武岩から成る薄いラヴァ層で覆われました。雨が亀裂から浸透し柔らかな凝灰岩を侵食し始め、気候の寒暖の変化や風も侵食と不思議な地形の形成に加わります。こうして固い玄武岩の帽子をかぶった円錐状のコーンが出現したのです。この変わった、興味深い形の岩を人々は似合う名前として「妖精の煙突」と名付けたのです。

カッパドキアで人類が居住を始めたのは旧石器時代にまでさかのぼります。ヒッタイト人達の生活した土地は以後の時代にキリスト教における最も重要な中心地のひとつとなりました。岩を掘った家々や多くの教会はローマ帝国の迫害から逃亡したキリスト教徒達にとり巨大な非難場所となったのです。

カッパドキア地域はネヴシェヒルをはじめクルシェヒル、ニイデ、アクサライとカイセリ県に広がる地域です。

カッパドキア地域は自然と歴史が一体化した地域で、地理的な現象が妖精の煙突を形成する一方歴史の中で人類もこの妖精の煙突の中に住居、教会を刻み、これらを壁画で装飾し何千年もの文明の跡を現代にまで継承しています。人類の生活が旧石器時代のころに始まったカッパドキアの歴史の記録はヒッタイト時代に始まりました。歴史の流れの中、貿易コロニーがあり国家間の貿易、社会的な橋渡しの地となったカッパドキアはシルクロードでも重要な交差路となった場所の一つです。岩に掘り刻まれた伝統的なカッパドキアの家々と鳩小屋はこの地方の独創性を私たちに語りかけます。

今日、観光の観点から偉大な重要性を有するカッパドキアは、ワイナリーやブドウ園でも有名です。

9月末にはヴィンテージ祭りに参加したり、地域の様子を日の出に飛ばせ始める熱気球で上空から展望したり、比類のない渓谷で散策をしたり、マウンテンバイクや馬に乗って地域の美しさを発見することもできるでしょう。

 

予約
Loading...